経口内視鏡と経鼻内視鏡 アングルやカメラサイズなどの性能と体の負担とのどっちを取る?

カメラの質が向上した経鼻内視鏡がオススメ

胃カメラには口ら挿入する「経口」と鼻から挿入する「経鼻」の二つがある。まず、胃カメラ最大のネックである挿入時の苦痛は「経鼻」が圧倒的に有利。麻酔量が少なくてすむ為に負担も軽く、医師と会話をしながら検査をすることで医療の質の向上も期待できる。

カメラの質についてはサイズが大きくて画角の広い「経口」が優れている。しかし、カメラの質は年々工場していて、新型の経鼻内視鏡であれば経口内視鏡に匹敵するレベルのカメラを備えている。

これらの点を踏まえると、「経鼻」を選ぶのがベストだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする