CTとMRIはできることが異なる 体の部位で最適を選ぶのが正解

検索する内容によってどちらを選ぶかがきまる

CTもMRIも体の断面図を撮影して検査する点は同等だ。しかし、それぞれに特徴は異なり、お互いに優劣が存在する。

CTは基本的にどんな臓器でも撮影できるほか、検査時間が少なくて済む。また、臓器の他に骨の情報を得られるのもメリットだ。しかし、X線を使用するために放射線被曝のリスクがあることに加えて、横断面しか撮影できないことから映像が限定されているのがデメリット。しかし、最近のCTは複数の横断面を撮影して組み合わせ、立体化できるようになっている。

MRIはCTと異なり、どんな角度の断面図でも撮影できる。放射線被曝もなく、脂肪や血管などを区別できるのがポイント。しかし、基本的に動いている臓器は撮影できず、骨の情報を得ることはできない。また、検査時間がCTよりも長く、ベースメーカーや体内に金属があると検査できない。

これはの特徴から、肺や骨などを検査する時にはCT、血管などを検査する時にはMRIという具合に使い分けることになる。実際の検査では医師が適切な方を判断してくれるので、受診者は放射線被曝のリスクやペースメーカーのように機器を使えない場合がある事を押さえておくと良いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする