自治体のがん検診を受ければ人間ドックのがん系オプションは不必要?

自治体はかかる費用が圧倒的に安いが、がん検診は5種類だけ。人間ドックはがん検診の種類や検査項目が豊富

自治体のがん検診では、胃がん・大腸がん・肺がん・乳がん・子宮頸がんの5つで、検査内容は胃がん検診であれば問診とバリウム検査。費用は圧倒的に安く、人間ドックで数万円かかる検査が無料~数千円程度で済む。しかし自分の家系や体質などから、がんのリスクが高いと考える場合は、人間ドックで検査したほうが無難だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする