遺伝子検査を受ければ人間ドックは必要ないのか

人間ドックの補佐として遺伝子検査を活用する

遺伝子検査は特定の病気にかかりやすい、もしくは将来的に発症する可能性があるなどの体質をチェックするもの。一方、人間ドックは病気にかかっているかどうかを検査するものであり、別物と考えてよい。基本的に病気の有無を検査することが最重要であり、遺伝子検査を受けたから人間ドックを受けなくてもよいということにはならない。遺伝子検査で自分の体質を把握して、がんにかかりやすければ人間ドックのオプションでがん検診を選ぶというように、人間ドックを有効活用するためのフォローと考えるのがベターだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする