できれば避けたい激痛のマンモは必要なのか

石灰化の有無で乳がんを早期発見 マンモグラフィーは受けたほうが安心

異常や疑わしい部位の発見率が高いのはマンモ

乳癌をはじめとする乳房の病気を検査するのがマンモグラフィと超音波検査だ。一般的にマンモは乳房を機器で圧迫することで痛みを伴うため、多くの女性たちから忌避されがち。超音波検査で問題がなければそちらを選びたくなるのは人情だが、実はマンモには超音波にないメリットがある。

まず超音波検査は乳房に機器が当たった部分の映像を情報とする為、異常の発見については医師の技術や診察眼によるところが大きくなる。極論を言えば、異常はないと診断されたとしても見逃している可能性は残る。しかし、マンモは乳房全体を撮影するため、異常や疑わしい部分のある・なしがはっきりと判断できる。また、初期の乳がんの発見に重要な石灰化の有無についても、マンモの方が分かりやすい。スクリーニングをメインとするのであれば、マンモグラフィーを選ぶ方が異常の発見率は高いのだ。注意点は放射線被曝があるため、妊婦にはお勧めできない。

まずはマンモグラフィーで異常の有無をチェックして、疑いがあれば超音波で検査するという流れがベスト。乳がんのリスクは30代後半から高くなるため、40代以降の検診では両方で検査することを考えたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする