人間ドック 日帰り型か宿泊型か?

オプションも受けるなら負担の少ない宿泊型!

日帰り型と宿泊型の大きな違いは検査項目。人間ドックの検査には時間がかかるものがあり、また体への負担が大きいものは日帰りだと受けられないということもある。定期健診で問題が無く、基本的に病気のリスクが低いとされる30代であれば日帰り方でも十分。しかし脳ドックのようなオプションを利用するなら宿泊型を選ぶのが良い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする