自宅で検査できるって本当? 検査キットってどうなの?

自宅で出来て忙しい人におすすめ!生活習慣病予防に有効だが過信は禁物

仕事や家事が忙しくて健康診断を受けられない、という人にとっておすすめしたいのが、病院に行かずに検査ができる検査キットだ。病院に行くのが面倒で、健康診断を受けていない人がいれば、年に一度の定期検診では不安という人もいるだろう。それでも、自分の健康は自分で守るなければいけないとなれば、検査キットを購入して自己健診するのが得策ではないか。

検査キットでは、主に生体データの宝庫である血液や尿を使って調べる方法が多い。健診のおおまかな流れはこうだ。

まず、電話やインターネットなどから、検査機関などに申し込みをすると、検査キットと問診票などが送られてくる。自分で検査キットを使って血液などを採取する。検体を問診票などと一緒に、検査機関に送ると、1週間から10日ほどして、郵便やメールで結果が戻ってくる。

検査項目は、がんをはじめ、生活習慣病、性病(性感染症)など幅広い。ただし、検査で特定の病気がわかるものではなく、あくまで健康状態を知るためのツールと考えるべき。病気の疑いがあることが分かれば、そこから先は病院に行って診察を受け、医師の診断を仰がなければならない。

そしてやはり病院で受ける検査にくらべると、検査内容によっては精度にばらつきがある。1回の検査結果を鵜呑みにせず、あくまで目安であるということを理解しておきたい。定期的に自分で検査するようにして、病気の早期発見に役立てるのが正しい活用法と言える。

(参考)アマゾンの検査キット
≪デメカル血液検査キット≫「生活習慣病検査キット+糖尿病セルフチェック」(生化学12項目検査+HbA1c) 男女兼用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする