会社の健康診断 何を調べる

会社の健康診断で分かるもの

1.血液一般
血糖値や血中脂質など、糖尿病や高脂血症に関わる検査項目。白血球やヘモグロビンなどをチェックし、感染症や貧血、また肝炎についてのリスクもこの項目である程度フォロー出来る。健康診断の基礎の基礎となる項目だ。

2.糖代謝
尿検査から尿糖をチェックし、糖代謝異常を判別する。異常があった場合は糖尿病、急性膵炎などの疑いがある。また糖尿病を調べるためには尿糖だけではなく、一緒に検査する血糖と併せて判断する。

3.脂質
血液中の中性脂肪やLDLコレステロールを検査。この数値が異常だと動脈硬化をまねく恐れがあり、脳卒中や心筋梗塞といったハイリスクな疾病を引き起こす可能性が高まる。運動機会の少ない40代以上の人は注意したい。

4.胸部X線
肺や心臓、またその周囲の臓器の病気についての異変をチェックする。肺は肺炎や肺結核、心臓は心筋梗塞や拡張型心筋症などのリスクをフォローできる。健康なら肺はX線写真に黒く写り、中心部の心臓などは白っぽく写る。

5.循環器
血圧測定が一般的。高血圧だと心臓に障害をもたらしやすくなるので注意が必要。高血圧自体が病気ではないが、血液の成分が動脈の内壁に入り込み、動脈硬化などの原因となるので気をつけたい。

6.身体測定
最も注意したいのは体重の大幅な増減。ダイエットや運動効果などによるものでなければ、異常があった場合は臓器のどこかが障害を起こしている可能性がある。人によって基準値は変わるのでここ数年の経過とともに判断したい。

7.肝機能
γ-GTPやAST、ALTなどの数値をチェックし、肝細胞の状態や飲酒量に関係する酵素作用がどれだけ働いているかを調べる。γ-GTPの数値が高い場合は、肝硬変などに結びつくリスクもあるので、飲酒習慣を見直したい。

8.医師判断
検査結果を受けて、担当医から注意すべき点や予後の改善方法といったアドバイスが記入される。ざっくり言うと、アドバイスは簡素で、短ければ短いほど健康状態に問題がないことを示す。

会社の所属健保によって項目は異なる

会社の健康診断は所属している保険組合によって検査項目が千差万別。自分が毎年、体のどこを調べていて、どこを調べていないのか?ということはしっかり把握しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする