人間ドック お得技 予め症状を訴えて保険適用で安く受診

医師により異なる判断も 相談しやすい医師を持つ

自由診療である人間ドックの費用は全額自己負担だ。だが、病気になって同じ検査を受けた場合は健康保険が適用される。では、自由診療と保険適用の線引きはどこにあるのだろうか?

現役の医師で衆議院議員である赤枝氏によれば、「何かの病名がついて、疑いがあると医師が判断すれば、保険は適用されます」という。逆に、自分から検査を頼んでしまうと自由診療になる。基本的に、医師から検査を進められれば保険適用になると考えていいが、どの検査が必要になるかは「医師の判断によって異なることもある」(赤枝氏)。

検査のために嘘をつくのは当然ダメだが、実際に症状があって受ける検査は保険が適用となることも。胸部X線や頭部CT、胃内視鏡等は、該当する症状があれば適用されやすいと言われる。一方、PETのようにがんの診断確定後でなければ保険適用にならないケースもある。

このように、実際に症状がある場合には検査に保険が適用されるため、わざわざ医療費10割負担して人間ドックで検査するのは無駄だと言えよう。「そのためにも普段から相談できる”かかりつけ医”を持ちのがいいでしょう」と赤枝氏は言う。

これらの症状があれば普通に受診すべし

●単純CT:頭部、全身
こんな症状:頭部外傷、頭痛、めまい、吐き気、意識障害、手足の麻痺、
ろれつが回らない
・通常1万5千円→4410円

●胸部X線検査:胸部、肺
こんな症状:激しい咳が出る、痰が出る、息苦しい、胸部や肺などに痛みがある
・通常2100円→630円

●胃内視鏡:胃、十二指腸
こんな症状:胸やけやつかえた感じ、腹部の激しい痛み鈍痛、吐き気吐血や下血等。
・通常2万円→4000円

保険適用になる可能性がある検査と対応する症状

検査項目 主な症状・徴候 部位・疾患
頭部MRI、MRA 頭痛、めまい、吐き気、嘔吐
頸動脈エコー 頭痛、めまい、吐き気、嘔吐
眼圧検査 目の痛み、物がぼやけて見える、
視野が狭くなったり欠けて見える
胸部X線検査 胸痛、呼吸困難、動悸、息切れ 呼吸器
喀痰検査 胸痛、呼吸困難、動悸、息切れ 呼吸器
マンモグラフィー 乳房のしこりなどの異常 乳房
乳腺超音波検査 乳房のしこりなどの異常 乳房
心電図検査 動悸、息切れ、胸痛、呼吸困難 心臓
X線造影検査 胃痛、食欲不振、吐き気 上部消化管
ピロリ菌感染検査 胃痛、食欲不振、吐き気 上部消化管
上部内視鏡検査 胃痛、食欲不振、吐き気 上部消化管
便潜血反応検査 発熱、福通、下痢、下血 下部消化管
下部内視鏡検査 発熱、福通、下痢、下血 下部消化管
腹部超音波検査 食欲不振、だるさ、微熱、便秘、下痢、黄疸 肝臓・胆嚢
MRI検査 食欲不振、だるさ、微熱、便秘、下痢、黄疸 肝臓・胆嚢

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする