悪性リンパ腫に必要な検査

必要な検査:血液検査(sIL-2R)

リンパ組織を構成する細胞のがん。顎の下や脇の下、足の付根のリンパ節が腫れ、押しても痛みのないコブができる。血液検査で、炎症反応や肝機能異常を示し、マーカーとなるsIL-2Rの数値が上昇する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする