胃がんに必要な検査

必要な検査:上部消化管内視鏡(胃カメラ)

塩分や熱い物・焦げた物の食べ過ぎ、ストレス、ピロリ菌の感染などが原因に。30~40代の女性に多いスキルス胃がんは上部消化管造影X線(バリウム)、その他は上部消化管内視鏡(胃カメラ)で見つけやすい。腫瘍マーカー検査も受けられる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする