肝硬変に必要な検査

必要な検査:超音波検査

慢性の肝障害が原因で肝細胞が変性・壊死し、元に戻らなくなった状態。肝機能が低下し、腹に水が溜まったり、皮膚が黄色くなったりする。血液検査で肝機能とマーカーを、超音波で組織の変化を確認しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする