肝臓がんに必要な検査

必要な検査:血液検査(HBV、HCVなど)

発症者の90%は、(B型、C型)肝炎ウイルスの長期感染者だ。40歳以上で一度も肝炎検査を受けたことがない人は、一度は受けておきたい。腹部CT・MRI、腫瘍マーカーなども診断に有用だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする