骨腫瘍に必要な検査

必要な検査:CT、MRI

骨から発生する悪性のがん(骨腫瘍)は、10~20代の若い年代で発症するものが多いが、軟骨肉腫というタイプは中高年に多く発症し、痛みは生じないことが多い。CT、MRI、血液検査などで見つかることも。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする