骨粗鬆症に必要な検査

必要な検査:骨密度測定

骨密度がスカスカになり、骨折、背骨の変形や寝たきりを引き起こす。加齢、ダイエット、運動不足、アルコール・コーヒーの多飲、胃腸が弱いことなどが原因。女性は50代、男性は70代から検査を受けよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする