子宮体がんに必要な検査

必要な検査:経膣超音波検査

子宮の奥(体部)のがん。40代以降、50歳前後に発症しやすい。性ホルモンに関連して発症し、肥満、糖尿病、高血圧、遺伝的な体質は高リスク。膣から超音波を当ててみる経膣超音波検査を受けよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする