腎臓がんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波

腎臓にできるがんでは、尿を作る細い管である尿細管の細胞に発生する、尿細胞がんが多い。男性の方がかかりやすく、喫煙、遺伝的な体質、高血圧、肥満、長期の人工透析などがリスクだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする