心臓弁膜症に必要な検査

必要な検査:心エコー(超音波)

心臓にある4つの弁が、狭窄または閉鎖不全を起こす病気。倦怠感、息切れ、フラつきなどが起こる。60代以降に多い。リウマチ熱、扁桃炎などが原因になる。心雑音などをみるが、最近は超音波でよく見つかる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする