精巣がんに必要な検査

必要な検査:触診、超音波検査

多くは、精子のもとになる精母細胞から生じる(胚細胞腫瘍)。35歳までの青壮年期に多い。停留精巣が最も多くの原因だ。陰嚢の腫れに自分で気づく場合が多く、早期発見できれば治癒する可能性が高い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする