胆のうがんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査

肝臓で分泌された胆汁液が、十二指腸に流れ出るまで保存される場所である胆嚢に生じるがん。50代以降増加するが、発生率はあまり高くない。胆石、潰瘍性大腸炎、胆道の病気、肥満などはリスクと言われる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする