胆嚢ポリープに必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査

胆嚢に出来る盛り上がったできもの。超音波検査の発達により、胆嚢の腫瘍の発見率は増加している。ポリープなどの良性腫瘍かがんか、専門医による判別が必要だ。症状はほとんどない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする