人間ドックの検査項目は病院によって違う

人によっては検査内容とマッチしないことも

ひと口に人間ドックといっても、受診する医療機関によって検索項目が異なるケースは多い。また、同じ医療機関でも、コースによって検索項目が異なることもある。逆に言うと、呼吸器系の検査をしたかったのに消化器系の検査ばかりだったりと、人によっては検査内容とマッチしないこともある。検査を受ける前によく受診項目をチェックしておきたい。

年代別に考える:それぞれの年代で対策すべきリスクが違う

がんや生活習慣病の発症リスクは年代によって異なる。高齢になるほど、より幅広い臓器に対して検査が必要になる。検査項目を選ぶ際も、50代以上は全身の部位に気をつけて検討したい。

専門ドックで考える:専門ドックでしか受診できない項目もある

脳卒中など特定の部位に関するリスクに関しては、頭部MRI検査など専門の検査を受けよう。他の検査でカバーできないことが多い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする