直腸がんに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査

直腸に出来る、大腸がんの一種。がんの中では遺伝しやすいのが特徴。便秘と下痢を繰り返す、便に血が混じるなどは初期症状の可能性がある。大腸内視鏡検査、大腸造影X線撮影、便潜血反応検査を受けよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする