直腸ポリープに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査

直腸に出来る盛り上がったできもの。直腸がんの判別が必要。20mm以上の大きさの場合はがんの可能性が高くなる。発生には脂質やタンパク質の摂り過ぎと関係があるともいわれる。多くの場合無症状だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする