認知症に必要な検査

必要な検査:頭部CT、MRI

脳細胞が損傷し、記憶などが傷害される認知症。65歳異常で多い脳が萎縮するアルツハイマー型認知症、脳血管障害の結果起こる脳血管型認知症などがある。診断には問診票を用いるが、画像診断も有力だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする