肺気腫に必要な検査

必要な検査:胸部CT

肺気腫は、肺の末端にありガス交換を行う肺胞が破壊され、二酸化炭素が溜まることで発症する。慢性閉塞性肺疾患のひとつ。主な原因は喫煙で、喫煙者の1割が発症するといわれる。患者には息切れがよく見られる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする