肺結核に必要な検査

必要な検査:胸部単純X線撮影

肺に感染する結核菌によって起こる病気。現代では患者は減少しているが、今も毎年4万人がかかる。高齢、糖尿病、人工透析などがリスクになる。治まらない咳や痰、微熱、食欲不振や体重減少などが起こる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする