白血病に必要な検査

必要な検査:血液像検査

「血液の癌」であり、白血球ががん化して異常に増える。急速に進行する急性白血病と、ゆっくりと経過する慢性白血病がある。慢性白血病の初期では無症状だが、脾臓や肝臓、リンパ節が腫れることがある。血液検査で、異常細胞の有無を確認する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする