膀胱がんに必要な検査

必要な検査:尿細胞診

膀胱の表面を覆う上皮ががん化するものが90%を占める。60代以上、特に男性で発症しやすい。喫煙が原因になる。血尿、排尿痛、進行すると背部痛などが生じる。膀胱鏡によりほとんどが診断できる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする