慢性肝炎に必要な検査

必要な検査:血液検査(HBV、HCVなど)

B型およびC型肝炎ウイルスへの持続的な感染、アルコール、自分の免疫などが原因。肝細胞の変性・壊死を伴い、肝硬変などへ進行する可能性も。血液検査でウイルス感染の有無と肝機能を確認しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする