卵巣がんに必要な検査

必要な検査:経膣超音波検査

更年期前後に多いが、若い世代にも発症する。初期は無症状だが、進行すると性器の不正出血などを生じる。肥満、高血圧、喫煙、不妊、未婚、遺伝的な体質などが原因に。経膣超音波検査でチェックを。腹部CT、MRI、腫瘍マーカー検査もある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする