死因1位の「がん」は専門検査で早期発見を

日本人の死因の第1位は悪性新生物、つまり「がん」である。死亡率は年々上昇しており、現在人が最も気をつけたい病気と言えるだろう。がんの原因は、食習慣や喫煙と言った生活習慣のほか、ウイルス由来の疾患から発生するなど多様なことが挙げられる。

これらに留意することでがんのリスクを下げることは可能だが、絶対にがんにならない方法は存在しない。そのため、かかってしまってからの対応が重要になってくる。

ガンは治療を開始したタイミングが早いほど5年後に生存している確率が高いとの統計結果が出ており、早期治療は非常に重要だ。そのためには早期に発見することが必要となってくる。

ここで、がんによる死亡リスクを下げる為に知っておきたい事がある。会社などで実施される定期的な健康診断では、様々ながんを見つけ出すのに不十分な構成となっていることが多いという事実である。より高い精度でがんを見つけ出したいなら、各種のがんそれぞれに最適な検査項目で検査するのが不可欠なのだ。もちろんがんにも自覚症状は存在する。しかし、自覚症状が出る頃にはかなり病期が進行してしまっているケースが多い。早期発見を目指すなら、やはり専門的な検査が必要なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする