隠れたがんを暴き出す 三段構えの診断セット

各部位に最適な検査を選びがんの進行状況まで完全把握

がんリスクの高い臓器を全網羅:費用目安7万千円~11万8千円

(胃がん)
●上部内視鏡:費用目安1.5万~3万円
・検査時間:10分程度(当日)
・対象部位:胃
・対象となる病気:胃がん

細い管を喉から消化器に挿入し、内部を映像で観察する検査法。以前は光ファイバーが多かったが最近はCCDセンサーをつけた電子スコープが主流。「胃カメラ」とも呼ばれる。病変があれば、内蔵の鉗子(かんし)で生検用の細胞を採取する。

(大腸がん)
●下部内視鏡検査:費用目安1.5万~2万円
・検査時間:30分~1時間(当日)
・対象部位:大腸、直腸
・対象となる病気:大腸がん

大腸などの下部消化管の検査には、肛門から内視鏡を挿入する。事前に腸内の洗浄や麻酔をしてから検査する。上部と同様、疑わしい部位があれば細胞を採取。

(前立腺がん)
●下腹部MRI:費用目安2.5万~3.5万円
・検査時間:30分
・対象部位:前立腺、子宮、卵巣
・対象となる病気:前立腺がん

核磁気共鳴現象を利用して体の断面を画像化する検査で、内蔵の三次元情報を得ることが可能。腫瘍の良性・悪性や大きさも判別できる。検査は30分とやや長い。

(肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん、腎臓がん)
●上腹部超音波検査:費用目安3千円~5千円
・検査時間:1時間
・対象部位:肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓
・対象となる病気:肝臓がん、胆嚢がん、膵臓がん、腎臓がん

腹部に向けて発信した超音波の販社を利用し、画像処理する検査方法。「腹部エコー」ともいう。がんやポリープの大きさや深達度も調べることが可能だ。

(肺がん)
●胸部CT:費用目安1万~1万5000円
・検査時間:15分程度
・対象部位:肺
・対象となる病気:肺がん、肺炎、結核、肺嚢胞

(胃がん)
●ピロリ菌検査:費用目安3千~5千円
・検査時間:5分程度(抗体検査)
・対象部位:胃
・対象となる病気:ピロリ菌

(肝臓がん)
●肝炎ウイルス検査:費用目安0~3000円
・検査時間:5分程度(採血)
・対象部位:肝臓
・対象となる病気:肝炎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする