動脈硬化検査のイチオシは頸動脈エコー

基礎検診と頸動脈エコーで危険因子をチェックする

がんと並んで3大死因にあげられる脳卒中と心筋梗塞などの心疾患。病気自体は突発的に発症するが、その前段階でリスク管理しておくことで、発症を回避することもできる。ポイントとなるのが動脈硬化だ。

脳卒中も心疾患も、大きな要因となるのが動脈硬化。動脈硬化は血液中のプラークと呼ばれる脂肪の塊が血管壁に溜まり、血流が悪くなる状態のこと。悪化して動脈が完全に詰まってしまうと、脳卒中や心疾患を引き起こす。

動脈硬化の予防は、まず原因となる高血圧や高コレステロール(脂質異常症)、高血糖などの危険因子を減らすこと。基礎検診のほか、頸動脈エコーでリスクをチェックしておくのが基本だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする