がん

がん

卵巣がんに必要な検査

必要な検査:経膣超音波検査 更年期前後に多いが、若い世代にも発症する。初期は無症状だが、進行すると性器の不正出血などを生じる。肥満、高血圧、喫煙、不妊、未婚、遺伝的な体質などが原因に。経膣超音波検査でチェックを。腹部CT、MRI、腫瘍マー...
がん

膀胱がんに必要な検査

必要な検査:尿細胞診 膀胱の表面を覆う上皮ががん化するものが90%を占める。60代以上、特に男性で発症しやすい。喫煙が原因になる。血尿、排尿痛、進行すると背部痛などが生じる。膀胱鏡によりほとんどが診断できる。
がん

皮膚がんに必要な検査

必要な検査:血液検査(SCC、5-S-CD) 皮膚がんには多くの種類がある。多くの場合、血液検査はあまり有用ではないが扁平上皮がんではSCC、特に悪性度が高い黒色腫では5-S-CDという腫瘍マーカーが参考になることがある。
がん

白血病に必要な検査

必要な検査:血液像検査 「血液の癌」であり、白血球ががん化して異常に増える。急速に進行する急性白血病と、ゆっくりと経過する慢性白血病がある。慢性白血病の初期では無症状だが、脾臓や肝臓、リンパ節が腫れることがある。血液検査で、異常細胞の有無...
がん

肺がんに必要な検査

必要な検査:胸部CT 日本で最も死者数の多いがん。早期には症状が出ない。喫煙、加齢(40歳以上)、遺伝的体質などが原因。男性の方が3~4倍かかりやすいと言われている。胸部単純X線では見つけにくい。病変もあるので、胸部CTを受けよう。喀痰細...
がん

乳がんに必要な検査

必要な検査:マンモグラフィー 40~50代に多いが、遺伝性のものは若い時からなりやすい。初経がはやい、閉経が遅い人は要注意。定期的に自分で触ってみて、しこりや引きつれがないかチェックを。マンモグラフィーや乳腺超音波検査を受けよう。
がん

直腸がんに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 直腸に出来る、大腸がんの一種。がんの中では遺伝しやすいのが特徴。便秘と下痢を繰り返す、便に血が混じるなどは初期症状の可能性がある。大腸内視鏡検査、大腸造影X線撮影、便潜血反応検査を受けよう。
がん

虫垂癌に必要な検査

必要な検査:大腸造影X線撮影 虫垂に出来る、大腸がんの一種。非常に稀ながん。虫垂炎に似た症状や鈍い腹痛を起こすことが多く、発見が遅れやすい。大腸造影X線撮影、腹部超音波検査や腹部CTで見つかることがある。
がん

胆のうがんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査 肝臓で分泌された胆汁液が、十二指腸に流れ出るまで保存される場所である胆嚢に生じるがん。50代以降増加するが、発生率はあまり高くない。胆石、潰瘍性大腸炎、胆道の病気、肥満などはリスクと言われる。
がん

大腸がんに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 不規則な食生活、肉や脂質のとりすぎ、野菜の不足が原因に。がんの中では遺伝しやすいのが特徴だ。便秘と下痢を繰り返す、便に血が混じるなどは初期症状の可能性がある。大腸内視鏡検査、大腸造影X線撮影、便潜血反応検査を受...
タイトルとURLをコピーしました