脳ドック

検査

脳動脈瘤に必要な検査

必要な検査:脳MRI 脳の動脈の一部が膨らみ、瘤になっている部分。40歳以降に発生しやすい。破裂するとくも膜下出血の症状が起きるため、破裂する可能性が高い未破裂脳動脈瘤の段階で治療を行いたい。
人間ドック

脳梗塞に必要な検査

必要な検査:脳MRI 脳の血管が詰まり、血流が悪くなった部分に障害が起こる病気。肥満、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症、心臓病等がリスクになる。脳MRIを受ければ、脳梗塞や脳血管の異常を確認できる。
人間ドック

人間ドック 日帰り型か宿泊型か?

オプションも受けるなら負担の少ない宿泊型! 日帰り型と宿泊型の大きな違いは検査項目。人間ドックの検査には時間がかかるものがあり、また体への負担が大きいものは日帰りだと受けられないということもある。定期健診で問題が無く、基本的に病気のリスク...
人間ドック

脳卒中はMRI+MRA検査が基本

脳卒中は最適な検査で8割以上防ぐことが出来る! 脳卒中とは、血管が破れたり詰まったりすることで、急に意識がなくなったり、言葉が喋れなくなったりする神経症状のこと。大きく分けて血管がつまって起こる虚血性と血管がきれて出血で生じる出血性があり...
人間ドック

人間ドック最強リスト 脳に強い病院

穂翔会 村田病院 ・日本脳ドック学会が認定する腕の確かな専門病院 ・40歳以上対象の脳卒中予防ケア MRIを最大限に活用した脳ドックにより、くも膜下出血・脳出血・脳梗塞を早期に発見して治療と予防。脳神経外科専門医師の適切なアドバイスや...
タイトルとURLをコピーしました