超音波エコー

がん

卵巣がんに必要な検査

必要な検査:経膣超音波検査 更年期前後に多いが、若い世代にも発症する。初期は無症状だが、進行すると性器の不正出血などを生じる。肥満、高血圧、喫煙、不妊、未婚、遺伝的な体質などが原因に。経膣超音波検査でチェックを。腹部CT、MRI、腫瘍マー...
がん

乳がんに必要な検査

必要な検査:マンモグラフィー 40~50代に多いが、遺伝性のものは若い時からなりやすい。初経がはやい、閉経が遅い人は要注意。定期的に自分で触ってみて、しこりや引きつれがないかチェックを。マンモグラフィーや乳腺超音波検査を受けよう。
がん

虫垂癌に必要な検査

必要な検査:大腸造影X線撮影 虫垂に出来る、大腸がんの一種。非常に稀ながん。虫垂炎に似た症状や鈍い腹痛を起こすことが多く、発見が遅れやすい。大腸造影X線撮影、腹部超音波検査や腹部CTで見つかることがある。
検査

胆嚢ポリープに必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査 胆嚢に出来る盛り上がったできもの。超音波検査の発達により、胆嚢の腫瘍の発見率は増加している。ポリープなどの良性腫瘍かがんか、専門医による判別が必要だ。症状はほとんどない。
がん

胆のうがんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査 肝臓で分泌された胆汁液が、十二指腸に流れ出るまで保存される場所である胆嚢に生じるがん。50代以降増加するが、発生率はあまり高くない。胆石、潰瘍性大腸炎、胆道の病気、肥満などはリスクと言われる。
がん

精巣がんに必要な検査

必要な検査:触診、超音波検査 多くは、精子のもとになる精母細胞から生じる(胚細胞腫瘍)。35歳までの青壮年期に多い。停留精巣が最も多くの原因だ。陰嚢の腫れに自分で気づく場合が多く、早期発見できれば治癒する可能性が高い。
がん

すい臓がんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波 すい臓は、胃・腸・肝臓などとつながり、腹部の奥にある。早期には無症状だ。糖尿病、過飲酒、脂質のとりすぎ、喫煙、遺伝的な体質などが原因になる。見つかりにくいがんなので、画像診断をしっかり行いたい。
検査

心臓弁膜症に必要な検査

必要な検査:心エコー(超音波) 心臓にある4つの弁が、狭窄または閉鎖不全を起こす病気。倦怠感、息切れ、フラつきなどが起こる。60代以降に多い。リウマチ熱、扁桃炎などが原因になる。心雑音などをみるが、最近は超音波でよく見つかる。
がん

腎臓がんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波 腎臓にできるがんでは、尿を作る細い管である尿細管の細胞に発生する、尿細胞がんが多い。男性の方がかかりやすく、喫煙、遺伝的な体質、高血圧、肥満、長期の人工透析などがリスクだ。
がん

できれば避けたい激痛のマンモは必要なのか

石灰化の有無で乳がんを早期発見 マンモグラフィーは受けたほうが安心 異常や疑わしい部位の発見率が高いのはマンモ 乳癌をはじめとする乳房の病気を検査するのがマンモグラフィと超音波検査だ。一般的にマンモは乳房を機器で圧迫することで痛みを伴う...
タイトルとURLをコピーしました