2016-03

がん

子宮がんに必要な検査

必要な検査:子宮頸部細胞診 子宮の入り口(頸部)に発生するがん。ヒトパピローマウイルスの感染が原因。喫煙はリスクを高める。20代から発症しやすい。子宮頸部の内診、頸部の細胞を採って調べる細胞診でチェックしよう。
検査

骨粗鬆症に必要な検査

必要な検査:骨密度測定 骨密度がスカスカになり、骨折、背骨の変形や寝たきりを引き起こす。加齢、ダイエット、運動不足、アルコール・コーヒーの多飲、胃腸が弱いことなどが原因。女性は50代、男性は70代から検査を受けよう。
検査

骨腫瘍に必要な検査

必要な検査:CT、MRI 骨から発生する悪性のがん(骨腫瘍)は、10~20代の若い年代で発症するものが多いが、軟骨肉腫というタイプは中高年に多く発症し、痛みは生じないことが多い。CT、MRI、血液検査などで見つかることも。
検査

高尿酸血症に必要な検査

必要な検査:血液検査(尿酸値) 遺伝子の原料、プリン体の分解物である尿酸が血液中に増える病気。関節や腎臓に蓄積して、急性の関節炎(痛風)、腎臓病、心筋梗塞などを引き起こす。40~50代の男性に多い。食べ過ぎ、肥満などが原因になる。
人間ドック

南果歩 初期乳がん

夫の俳優・渡辺謙に早期胃がんが見つかったことをきっかけに人間ドックを受診したところ、初期乳がんが発見され、今月11日に手術を受けていた。 というニュース。 やっぱり、人間ドックは受けとくもんですね~ どこで受けたらいいかが...
検査

喉頭がんに必要な検索

必要な検査:喉頭鏡検査 いわゆる「のどぼとけ」にできるがん。圧倒的に男性に多い。喫煙、飲酒、アスベストなどが原因になる。声のかすれが生じることが多い。喉頭鏡、頸部のX線、CT、MRI、PETなどで見つかる。
検査

甲状腺機能低下症に必要な検査

必要な検査:血液検査(TSH) 甲状腺の機能が低下する病気。甲状腺に対して抗体が生じて起こることが多い。体重増加、脈がゆっくりになる、寒がりになる、やる気の低下などが起きる。海藻類の摂り過ぎで起こることも。
検査

甲状腺機能亢進症に必要な検査

必要な検査:血液検査(TSH) 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌される病気。甲状腺機能の調節に関わる物質に対し抗体が生じて起こることが多い。心拍や血圧の上昇、食欲の増進と体重の減少などが起こる。遺伝性があると言われる。
検査

甲状腺がんに必要な検査

必要な検査:甲状腺超音波検査 種々のホルモンを作る甲状腺のがんは、30~50代の女性に特に多く発症する。ヨードの摂り過ぎや不足、遺伝的な体質、バセドウ病や橋本病の罹患などが原因に。甲状腺超音波検査、MRI、血液検査で調べることができる。
検査

膠原病に必要な検査

必要な検査:血液検査 免疫の異常から、全身の結合組織に障害が起こる病気の総称。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、シェーグレン症候群などが含まれる。発熱、だるさ、関節痛、手足の腫れなど、多様な症状が起こる。
タイトルとURLをコピーしました