2016-04

がん

胆のうがんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査 肝臓で分泌された胆汁液が、十二指腸に流れ出るまで保存される場所である胆嚢に生じるがん。50代以降増加するが、発生率はあまり高くない。胆石、潰瘍性大腸炎、胆道の病気、肥満などはリスクと言われる。
検査

胆石症に必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査 肝臓や胆嚢、胆管にできる結石。特に胆嚢にできやすく、(胆嚢結石)、コレステロールの結晶化が核になって起こりやすい。無症状、もしくは発熱や腹部の痛みが起こる。基本的に痛みがなければ手術は不要。
検査

大動脈瘤に必要な検査

必要な検査:CT 胸部や腹部の大動脈に、こぶができる病気。高血圧症や遺伝的な体質がリスクだ。基本的には無症状で、こぶが破裂すると激しい痛みや意識障害を起こし、突然死の原因にもなる。CT、エコー、MRIで確認する。
検査

大腸ポリープに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 大腸に出来る盛り上がったできもの。癌になる可能性の高いものと低いものがあり、腺腫というタイプで大きいポリープは前がん状態であるといわれる。大腸内視鏡、大腸造影X線撮影で見つかる。
がん

大腸がんに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 不規則な食生活、肉や脂質のとりすぎ、野菜の不足が原因に。がんの中では遺伝しやすいのが特徴だ。便秘と下痢を繰り返す、便に血が混じるなどは初期症状の可能性がある。大腸内視鏡検査、大腸造影X線撮影、便潜血反応検査を受...
検査

前立腺肥大に必要な検査

必要な検査:超音波エコー 精液をつくる前立腺が、50歳ごろからしだいに大きくなる病気。80歳までに80%の人で症状が出るともいわれる。頻尿や残尿が起こり、次第に排尿困難、尿の逆流、腎不全に発展する。前立腺がんとの区別が難しい。
がん

前立腺がんに必要な検査

必要な検査:腫瘍マーカー検査 精液を作る前立腺に発生するがん。少し進行すると頻尿や残尿が起こってくる。加齢(50歳以上)、喫煙、脂質やアルコールのとりすぎ、遺伝的な体質などが原因。腫瘍マーカーでほとんどの場合は診断できる。
がん

精巣がんに必要な検査

必要な検査:触診、超音波検査 多くは、精子のもとになる精母細胞から生じる(胚細胞腫瘍)。35歳までの青壮年期に多い。停留精巣が最も多くの原因だ。陰嚢の腫れに自分で気づく場合が多く、早期発見できれば治癒する可能性が高い。
がん

すい臓がんに必要な検査

必要な検査:腹部超音波 すい臓は、胃・腸・肝臓などとつながり、腹部の奥にある。早期には無症状だ。糖尿病、過飲酒、脂質のとりすぎ、喫煙、遺伝的な体質などが原因になる。見つかりにくいがんなので、画像診断をしっかり行いたい。
検査

腎不全に必要な検査

必要な検査:尿検査 腎臓の機能が低下する腎不全では、尿の排出が十分に出来なくなる。原因は、一時的なものでは炎症など、慢性的なものでは糖尿病が多い。腎不全に至る前に、腎機能を保つための治療を行えるようにしたい。
タイトルとURLをコピーしました