大腸内視鏡検査

検査

直腸ポリープに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 直腸に出来る盛り上がったできもの。直腸がんの判別が必要。20mm以上の大きさの場合はがんの可能性が高くなる。発生には脂質やタンパク質の摂り過ぎと関係があるともいわれる。多くの場合無症状だ。
がん

直腸がんに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 直腸に出来る、大腸がんの一種。がんの中では遺伝しやすいのが特徴。便秘と下痢を繰り返す、便に血が混じるなどは初期症状の可能性がある。大腸内視鏡検査、大腸造影X線撮影、便潜血反応検査を受けよう。
検査

大腸ポリープに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 大腸に出来る盛り上がったできもの。癌になる可能性の高いものと低いものがあり、腺腫というタイプで大きいポリープは前がん状態であるといわれる。大腸内視鏡、大腸造影X線撮影で見つかる。
がん

大腸がんに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 不規則な食生活、肉や脂質のとりすぎ、野菜の不足が原因に。がんの中では遺伝しやすいのが特徴だ。便秘と下痢を繰り返す、便に血が混じるなどは初期症状の可能性がある。大腸内視鏡検査、大腸造影X線撮影、便潜血反応検査を受...
がん

結腸がんに必要な検査

必要な検査:大腸内視鏡検査 結腸にできる、大腸がんの一種。がんの中では遺伝性が高い。便秘と下痢を繰り返す、便に血が混じるなどは初期症状の可能性がある。大腸内視鏡、大腸造影X線撮影、便潜血反応を受けよう。
タイトルとURLをコピーしました