慢性閉塞性肺疾患

検査

慢性閉塞性肺疾患に必要な検査

必要な検査:胸部CT 肺の生活習慣病と呼ばれる病気。喫煙が主原因で、患者の90%は喫煙歴がある。高齢、高血圧、糖尿病などもリスクになる。肺の機能が低下して息の出し入れがしにくくなり、息切れや咳、痰が生じる。
検査

肺気腫に必要な検査

必要な検査:胸部CT 肺気腫は、肺の末端にありガス交換を行う肺胞が破壊され、二酸化炭素が溜まることで発症する。慢性閉塞性肺疾患のひとつ。主な原因は喫煙で、喫煙者の1割が発症するといわれる。患者には息切れがよく見られる。
タイトルとURLをコピーしました