血液検査

検査

慢性肝炎に必要な検査

必要な検査:血液検査(HBV、HCVなど) B型およびC型肝炎ウイルスへの持続的な感染、アルコール、自分の免疫などが原因。肝細胞の変性・壊死を伴い、肝硬変などへ進行する可能性も。血液検査でウイルス感染の有無と肝機能を確認しよう。
検査

貧血に必要な検査

必要な検査:血液検査(Hb、RBC、Ht) 血液中から体内に酸素を供給する赤血球のヘモグロビンが減少し、酸素の供給がうまく行かなくなっている状態。最も多いのは鉄欠乏性貧血で、成人女性の1割近くがかかっている。血液検査で要チェックだ。
がん

皮膚がんに必要な検査

必要な検査:血液検査(SCC、5-S-CD) 皮膚がんには多くの種類がある。多くの場合、血液検査はあまり有用ではないが扁平上皮がんではSCC、特に悪性度が高い黒色腫では5-S-CDという腫瘍マーカーが参考になることがある。
検査

梅毒に必要な検査

必要な検査:血液検査 梅毒トレポネーマという最近が起こす性感染症。感染すると性器にびらんができ、手や足の裏に発疹が出来た後、全身性の病気として10~20年にわたって経過する。血液検査で感染の有無を調べられる。
検査

糖尿病に必要な検査

必要な検査:血液検査 血糖が高いと血管に負荷がかかり、全身の合併症が起きる。肥満、早食い、大食い、肉や糖分のとりすぎ、ストレス、喫煙、運動不足、遺伝的な体質などが原因。 血液検査「HbA1c」「空腹時血糖値」「ブドウ糖75mg服用後...
検査

痛風に必要な検査

必要な検査:血液検査(尿酸値) 高尿酸血症により関節や腎臓に尿酸が蓄積して、急性の関節炎(痛風)、腎臓病(痛風腎)を起こす。40~50代の男性に多い。食べ過ぎ、肥満などが原因に。血液検査や痛風発作が起きた関節の検査を受けよう。
検査

自己免疫疾患に必要な検査

必要な検査:血液検査(血沈、赤血球など) 免疫システムの異常から、自分の体に対する免疫の攻撃(自己免疫反応)が起こる病気の総称。反応の対象となる組織により、種々の病気が起こる。遺伝的な体質が関連するものもある。女性がかかりやすい。
検査

甲状腺機能低下症に必要な検査

必要な検査:血液検査(TSH) 甲状腺の機能が低下する病気。甲状腺に対して抗体が生じて起こることが多い。体重増加、脈がゆっくりになる、寒がりになる、やる気の低下などが起きる。海藻類の摂り過ぎで起こることも。
検査

甲状腺機能亢進症に必要な検査

必要な検査:血液検査(TSH) 甲状腺から甲状腺ホルモンが多量に分泌される病気。甲状腺機能の調節に関わる物質に対し抗体が生じて起こることが多い。心拍や血圧の上昇、食欲の増進と体重の減少などが起こる。遺伝性があると言われる。
検査

膠原病に必要な検査

必要な検査:血液検査 免疫の異常から、全身の結合組織に障害が起こる病気の総称。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、シェーグレン症候群などが含まれる。発熱、だるさ、関節痛、手足の腫れなど、多様な症状が起こる。
タイトルとURLをコピーしました