超音波検査

検査

胆嚢ポリープに必要な検査

必要な検査:腹部超音波検査 胆嚢に出来る盛り上がったできもの。超音波検査の発達により、胆嚢の腫瘍の発見率は増加している。ポリープなどの良性腫瘍かがんか、専門医による判別が必要だ。症状はほとんどない。
がん

精巣がんに必要な検査

必要な検査:触診、超音波検査 多くは、精子のもとになる精母細胞から生じる(胚細胞腫瘍)。35歳までの青壮年期に多い。停留精巣が最も多くの原因だ。陰嚢の腫れに自分で気づく場合が多く、早期発見できれば治癒する可能性が高い。
検査

脂肪肝に必要な検査

必要な検査:超音波検査 肝臓の細胞に脂肪が溜まり過ぎる病気。食べ過ぎ、運動不足、アルコールが原因。糖尿病から起こったり肝硬変に進行することも。血液検査で肝機能を、超音波・CTで組織の変化を確認しよう。
検査

肝硬変に必要な検査

必要な検査:超音波検査 慢性の肝障害が原因で肝細胞が変性・壊死し、元に戻らなくなった状態。肝機能が低下し、腹に水が溜まったり、皮膚が黄色くなったりする。血液検査で肝機能とマーカーを、超音波で組織の変化を確認しよう。
タイトルとURLをコピーしました