がん

膀胱がんに必要な検査

必要な検査:尿細胞診 膀胱の表面を覆う上皮ががん化するものが90%を占める。60代以上、特に男性で発症しやすい。喫煙が原因になる。血尿、排尿痛、進行すると背部痛などが生じる。膀胱鏡によりほとんどが診断できる。
検査

貧血に必要な検査

必要な検査:血液検査(Hb、RBC、Ht) 血液中から体内に酸素を供給する赤血球のヘモグロビンが減少し、酸素の供給がうまく行かなくなっている状態。最も多いのは鉄欠乏性貧血で、成人女性の1割近くがかかっている。血液検査で要チェックだ。
がん

皮膚がんに必要な検査

必要な検査:血液検査(SCC、5-S-CD) 皮膚がんには多くの種類がある。多くの場合、血液検査はあまり有用ではないが扁平上皮がんではSCC、特に悪性度が高い黒色腫では5-S-CDという腫瘍マーカーが参考になることがある。
がん

白血病に必要な検査

必要な検査:血液像検査 「血液の癌」であり、白血球ががん化して異常に増える。急速に進行する急性白血病と、ゆっくりと経過する慢性白血病がある。慢性白血病の初期では無症状だが、脾臓や肝臓、リンパ節が腫れることがある。血液検査で、異常細胞の有無...
人間ドック

白内障に必要な検査

必要な検査:視力検査 目のレンズである水晶体のタンパク質が変性し白く濁る病気。最も多い原因は加齢で他に糖尿病、アトピー性皮膚炎なども原因になる。45歳以上で高齢になるにつれ増加する。人間ドックでは、視力の低下や、眼底検査で見つかることも。
検査

梅毒に必要な検査

必要な検査:血液検査 梅毒トレポネーマという最近が起こす性感染症。感染すると性器にびらんができ、手や足の裏に発疹が出来た後、全身性の病気として10~20年にわたって経過する。血液検査で感染の有無を調べられる。
検査

肺結核に必要な検査

必要な検査:胸部単純X線撮影 肺に感染する結核菌によって起こる病気。現代では患者は減少しているが、今も毎年4万人がかかる。高齢、糖尿病、人工透析などがリスクになる。治まらない咳や痰、微熱、食欲不振や体重減少などが起こる。
検査

肺気腫に必要な検査

必要な検査:胸部CT 肺気腫は、肺の末端にありガス交換を行う肺胞が破壊され、二酸化炭素が溜まることで発症する。慢性閉塞性肺疾患のひとつ。主な原因は喫煙で、喫煙者の1割が発症するといわれる。患者には息切れがよく見られる。
がん

肺がんに必要な検査

必要な検査:胸部CT 日本で最も死者数の多いがん。早期には症状が出ない。喫煙、加齢(40歳以上)、遺伝的体質などが原因。男性の方が3~4倍かかりやすいと言われている。胸部単純X線では見つけにくい。病変もあるので、胸部CTを受けよう。喀痰細...
検査

脳動脈瘤に必要な検査

必要な検査:脳MRI 脳の動脈の一部が膨らみ、瘤になっている部分。40歳以降に発生しやすい。破裂するとくも膜下出血の症状が起きるため、破裂する可能性が高い未破裂脳動脈瘤の段階で治療を行いたい。
タイトルとURLをコピーしました